髪染め以外のヘナの活用法

 

 染料のイメージが強いヘナですが、実は髪染め以外にもいろいろな使い方があるのです。


強くハリのある髪の毛に…

 まず一番オススメの使い方はスカルプケアです。

 

 ヘナの粉末というのはとても細かく、クレイと同じように汚れを吸着するという働きを持っています。
 ですので、ヘナで頭皮を洗うと、粒子が毛穴に詰まった皮脂汚れや古い角質などを吸着して綺麗に落としてくれます
 石油系合成界面活性剤のように、皮脂を落としすぎることもないので、市販のシャンプーで頭皮が乾燥しているという方でも安心して使えます。

 

 頭皮環境が改善されると、毛根組織も活性化して強くハリのある髪の毛になっていきます。
 方法はとても簡単で、ヘナの粉末をお湯で緩めに溶き、これを頭皮に塗ってマッサージします。
 3分から5分ほどおいたらしっかり洗い流すだけで、頭皮をすっきりと清潔にすることができます。

 

 また、インドではヘナを薬草として使用していて、昔から健康に良いと言われています。

 

 ヘナの薬効は体を芯から温める、しょうがなどと同じような作用があるので、冷え性やむくみ、血行不良の改善効果が期待できます。
 これらの症状を改善するための活用法としてもっとも手軽なのが、ヘナを使った足湯です。
 熱めのお湯をはった洗面器に、ヘナの粉末を大さじ2杯ぐらい入れて、20分から30分ほど足湯をしてみましょう。
 ただのお湯で足湯をするよりも、全身がしっかり温まって体のあらゆる不調を改善することができます。

 

 ただし安いヘナだと化学成分などが混ざっている場合があり、このような効果は得られないので、必ずヘナ100%のものを活用するようにしてください。