ヘナでの白髪染めの方法

 

 普通の白髪染めは、ブラックやダークブラウンなどの色素を髪の毛に浸透させて白髪を染めますが、ヘナの色素は動物性タンパク質に反応して発色します。
 また、もともとオレンジ色の色素なので、そのままヘナで染めると白髪の部分は明るいオレンジ色になって、メッシュのような染まり方をします。
 黒髪の部分もトーンはアップしますが、基本的には黒色の方が勝ってしまうので、オレンジ色に染まった白髪がかなり目立ってしまい、人によってはそのコントラストが気になることもあるようです。
 そのためヘナで白髪を染める場合は、ヘナだけではなくインディゴやブラウンなどの色素も混ぜるのが一般的です。

 

 


完全に効果を得るために

 ヘナでの白髪染め方法は、最初からダークトーンの色素を混ぜてあるものを使うか、一度ヘナで染めてからその後にダークトーンのカラーリングをするという方法があります。
 他の色素を混ぜてある白髪染めは、1回で染めることが出来るので手軽です。

 

 ただし、ヘナには傷んだ髪を修復して、ハリや艶を取り戻すという効果がありますが、化学合成された色素を混ぜてしまうとこういった効果は半減してしまいます。

 

 ですのでヘナのトリートメント効果を得るには、最初はヘナだけで染めて、その後にカラー剤で染め直すという方法がオススメです。
 この場合、まずはヘナでしっかりとオレンジ色に染め上げ、次にインディゴのカラーリングで染めます。
 インディゴの量によって色合いは変わるので、黒くしたい場合は多めに、ナチュラルなブラウンにしたい場合は少なめにして調整するといいでしょう。