ヘナで白髪を染めてみたい「ヘナってどうなの」

 

 白髪染めを使うと、髪がパサついたり傷んだりしてしまうというイメージを持っている方も多いでしょう。
 だからといって染めないと老けた印象を与える白髪が目立ってしまうので、仕方なく市販の白髪めを使うという方も少なくないようです。

 

 そんな方に注目されているのがヘナです。

 

 


髪に優しい!ヘナ

 ヘナは髪に優しい白髪染めとして、ここ数年使用する人が増えています。
 美容院で使用しているところもありますし、ドラッグストアや通販など自分で染められるものもあります。
 ヘナというのは中近東を原産地とする植物で、この植物の色素を抽出したものを白髪染めに加工しています。

 

 天然由来のものなので、なんとなく染まりにくそうに思えるかもしれませんが、植物の色素であっても綺麗に白髪を染められるのがヘナの特徴になります。

 

 市販の白髪染めというのは、化学薬品によって無理やりキューティクルを開いて、そこに人工の色素を浸透させて染めるとうメカニズムになっています。

 

 薬品の作用によってキューティクルを開いてしまうと、色素が浸透するだけではなく、そこから髪に必要な水分も蒸発してしまいます。
 さらにそのキューティクルが開いたままだと、いくら髪が染まってもどんどん水分が蒸発していくので、結果的に髪がパサついたり傷んだりしてしまうのですね。
 ヘナは天然由来の色素で染めていくので、髪を傷めずに白髪を染めることができます。

 

 ただし化学薬品を使用していないために染まりにくい、ヘナだけだとオレンジっぽく染まるというデメリットもありますが、髪を傷めず白髪を染めたいという方は一度試してみるといいでしょう。

 

 市販の白髪染めというのは、化学薬品によって無理やりキューティクルを開いて、そこに人工の色素を浸透させて染めるとうメカニズムになっています。

 

 薬品の作用によってキューティクルを開いてしまうと、色素が浸透するだけではなく、そこから髪に必要な水分も蒸発してしまいます。
 さらにそのキューティクルが開いたままだと、いくら髪が染まってもどんどん水分が蒸発していくので、結果的に髪がパサついたり傷んだりしてしまうのですね。
 ヘナは天然由来の色素で染めていくので、髪を傷めずに白髪を染めることができます。

 

 ただし化学薬品を使用していないために染まりにくい、ヘナだけだとオレンジっぽく染まるというデメリットもありますが、髪を傷めず白髪を染めたいという方は一度試してみるといいでしょう。

ヘナや白髪染めについての参考サイト

 

※ヘナについてとても詳しく解説してあるおすすめのサイト
ヘナ遊
ヘナの産地やヘナの活用法など、とても詳しく書かれているサイトです。
Q&Aのページの必見

 

※ヘナと同様髪を傷めない白髪染めの紹介サイト
白髪染めおすすめランキング

今人気の髪を傷めないトリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めを多数紹介しているサイトです。
そのまま通信販売で購入できます。